時刻が正確に刻まれているかを適宜確認

時計は正しい時間を示すものと考える人は多いと思いますが、機械式時計であってもクオーツ式時計であっても共通して言えるのはある程度のずれが出てくるということです。特に機械式時計ではぜんまいを動かして時間を刻むため、その巻き上げを日課として行わなければなりません。それをうっかり忘れてしまったり、巻き上げる時間帯が日々異なるといった場合などには少しずれが発生しやすくなります。クオーツは固有振動を利用して時間を計測している為正確性は高いですが、それでも電池が切れてしまったりと不調になることもあります。腕時計であれば普段は確認しつつも、参照できる正確な時計を見かけた際にずれを常に修正できると良い状態を保ちやすくなります。

アイテムとしてのお手入れ

時計は道具ですから、お手入れは非常に重要と言えます。お手入れの基本は掃除です。装飾などを丁寧に磨き上げて汚れなどを取り除きます。見た目の維持にもなりますが、腐食やさびなどを未然に防いだり気づかなかった傷を発見するなどの効果が大きいです。普段お気に入りのアイテムとしての眺めとは別の視点を確保できるということがポイントです。盤面のガラスをよく磨いておくことや、ムーブメントを観察することも効果的です。普段より注意深く機能的な美しさを堪能できますし、ガラスをきれいにしておけば単純に読みやすくなります。腕時計であればバンドもきれいにしたり、必要に応じて交換するなどしておくと脱落の危険を避けることができます。