故障したとき修理が可能かどうか

腕時計のタイプとして機械式とクオーツ式があり、安いタイプならクオーツ式、高級タイプとなると機械式が多いです。価格の高い高級タイプでも長く使えれば安いタイプを何度も買い替えるよりもかけるお金は少なくなるかもしれません。機械式時計とクオーツ式時計を買い替えるときとして故障した場合があります。修理ができるならそのまま使い続けられますしできないなら買い替えが必要になります。機械式時計は複雑な構造であるものの故障の原因になっている部品を交換すれば半永久的に使い続けられます。一方クオーツ式は交換部品がなければ修理ができないためにそれ以後使い続けられません。クオーツ式は長くて数十年早ければ数年程度で寿命が来て使えなくなります。

サポート体制がどうなっているか

腕時計は各時計メーカーから販売されていて、それぞれのメーカーが製造の他ユーザーサポートを行ってくれます。故障時においては無料の修理期間の他有料の修理期間があり、有料の修理期間が過ぎるとそれ以降のサポートをしてもらえないときもあります。クオーツ式の時計はサポート期間が決められていて、それを過ぎると故障時の修理をしてもらえません。製品によって異なるでしょうが10年以上経過してからだと修理依頼をしても対応してもらえない可能性があり、保証期間で寿命が決まると言えそうです。機械式時計に関しては永久保証をしてくれるところが多く、有料であるもののほぼ一生使い続けられます。サポート体制が十分整っているので、寿命がないと言っても過言ではないでしょう。

hublotは1979年に設立されたスイスの高級時計メーカーのことで、社名の由来はフランス語の「舷窓」からきています。